ハローワークの求人票からブラック企業を見極める方法

求人票でブラック企業を見分けるコツを紹介するサイト

「きれいごと」と曖昧な記述にはご注意

生きていくためには、働いてお金を稼ぐ必要があります。
しかし、就職の状況は昔より厳しくなっているのが現状です。
より少ない給与で、より長く働かなければならなくなっています。

とはいえ、それにも限度というものがあります。
どんな人間も、仕事だけに生きることはありません。
仕事とは離れた、リラックスできるプライベートの時間を持つことが、すべての人間に当然に認められた権利です。
どんな人にも、不当に低い給与で、不当に長い残業をする必要はありません。
皆に十分な休日を得る権利があります。

しかし、こういった当然のことを理解しない、あるいは理解していても遵守しない存在があります。
「ブラック企業」です。
ブラック企業は不当に安い賃金で人間をこき使い、残業をさせます。
休日はなく、人間を仕事だけに閉じ込めます。
当局の監視の目をうまく逃れ、法律の網目をかいくぐって、従業員の人権を侵害し、ときには死に至らしめます。

こうした企業は、すべてが明らかになっているわけではありません。
あなたが目にする求人票の会社が、本当はブラック企業なのかもしれないのです。
当局の取り締まり活動もむなしくブラック企業が蔓延していることからわかる通り、ブラック企業と通常の企業を見分けるのは、とても難しいことです。

しかし、求人票を見れば、ざっくりとブラック企業をあぶりだすことができます。
ブラック企業の求人票には、共通の特徴がみられるからです。
このサイトでは、求人票からブラック企業を見分けるコツをご紹介します。

求人票の情報から、ブラック企業をあぶりだそう

求人票の文言を素直に受け取るのは危険なことです。 とくに、求人票に根拠のないポジティブ・ワードが多いことは、ブラック企業の特徴です。 書いてあることと裏腹に、実際には、夢もやりがいもない職場である可能性が高いです。 また、具体的な業務がイメージできないような求人票を出す企業にも注意が必要です。

高すぎる給料と多すぎる採用の裏側

他と比べて明らかに高い給料を見ても、飛びつかない方が賢明です。 というのも、それはブラック企業の求人票にありがちなことだからです。 また、採用頻度、人数が多いことも、黄色信号です。 高い給与と多い採用の裏側にあるトリックを知って、ブラック企業につかまらないようにしましょう。

頻繁な残業とほとんどない休日の企業を見分ける

誰にとっても残業は嫌ですし、休日はうれしいものです。 しかし、ブラック企業はそんな従業員の気持ちはお構いなしに、人材を酷使します。 そうした企業につかまらないために、残業時間が多くて休日が少ない企業にありがちな求人票の特徴を知っておきましょう。

おすすめリンク

新成トラストってどんな会社?

大阪にある新成トラストってどんな会社?事業内容や会社概要について紹介しています。

類設計室が造った建物たち

これまで類設計室が手掛けてきた施設、建物などを紹介します。どこかで目にしたものがあるかも?

類設計室の評判や口コミ

類設計室という建築会社の評判、口コミなどをまとめたサイトです。

類設計室の新卒、中途採用情報

建築に興味のある方必見!類設計室での採用情報を掲載しています。新卒、中途どちらもOK。

暮らしやすい街づくりを目指す類設計室

医療や福祉分野でも活躍している類設計室。どんな施設を設計しているのでしょうか。