求人票でブラック企業を見分けるコツを紹介するサイト

高すぎる給料と多すぎる採用の裏側

高すぎる給与記載の裏側

給与が高すぎる場合、最低一度は疑ってかかった方が良いでしょう。
いい話というのは、厳しいことですが、基本的に存在しないものです。

求人票にある給与が実際には残業代が含まれているものだったり、給与は高いけれど福利厚生が異常なほど低かったりして実質的に低賃金の可能性があります。
また、書かれている給与はごく一部の従業員の給与であって、大半の人はそれよりはるかに低い賃金で働かされている場合もあります。
その場合でも、努力によって高い給与に辿り着ける道が少しでも残されているならまだ良いですが、最初からその高い給与を払う意思が会社にないということもあります。

高い給与の記載の裏に何か不都合な事実はないか、よく考慮して会社に確認するようにしましょう。

頻繁な求人を出す企業には要注意

頻繁に従業員を募集している企業は、ブラックである可能性がかなり高いです。
頻繁に従業員を募集しなければならないのは、頻繁に人が辞めていく、あるいは辞めさせているからです。
業務が辛すぎる、または待遇が悪すぎるために従業員が長く定着しないのかもしれません。
また、企業は最初に大量の人間を採用して、有能な人材だけを残して他の人間は酷使した後に使い捨てにしている可能性もあります。
いずれにせよ、頻繁な求人は企業が人材を大切にしないことの反映である場合が非常に多いです。

「この求人前にも見かけたな」
「なんで前にも大量に採用していたのにまた採用しているのだろう」
そう思った時には、その企業にはよく注意してください。


この記事をシェアする