車のパーツを個人売買で手に入れよう

>

買いたいときにはどうする?

メリット

直接手渡しという方法をとらない限り、全国から購入することが可能です。廃車にすることが決まって、少しでも問題がないパーツは売ってしまおうという場合には安価で売られていることもあり、買い手はお得に購入することができます。
中にはもう手に入らないものを出品する方もいますので、店頭にはないものを手に入れることができるのも個人売買の魅力の一つです。
価格や状態は出品者によって異なりますので、全く同じ品物でも大きく価格が異なることだってあります。オークションの場合だと、入札次第ではより安価で購入できる場合もありますので、いろいろな掲示板やオークションサイトを見て比較してみましょう。出品者のプロフィール欄も確認できますので、過去に買い手とトラブルになっていないかなどチェックすることも忘れないでくださいね。

デメリットや注意点

説明文に事実が正確にかかれているか、詳細説明がされておりわかりにくい表現ではないか、全体の写真や細部がわかる写真があり、傷があればその箇所の写真や説明があるか、作動するはずかしない場合には返品可能か、という点が購入時にトラブルとなりやすいです。
想像していたものと違うものが届く、ということは珍しくありません。これは売り手となる場合のところでも記載しましたが、売り手と買い手の認識の差により起こりやすいです。安く買いたいあまり詳細をチェックしないまま購入し、手元に届いて慌てて確認したところ、その部分がきちんと説明されていたという場合にはこれは買い手側の過失ですので返品やクレームをつけることはできませんよ。
新品の場合と中古品の場合では品物の状態が異なりますし、自分でしっかりと確認することを忘れないようにしましょう。


この記事をシェアする